Skip to main content

チェンライ

タイは古代の寺院、おいしい屋台、美しい景色などが有名ですが、そのすべてをチェンライで体験することができます。活気あるチェンライでは、たくさんのアクティビティを楽しむことができます。無数の山々や、滝、洞窟、庭園、公園など近隣のアウトドアアドベンチャーへもアクセスが簡単です。

タイの中では小さな街ですが、チェンライはゴールデントライアングルへの入り口として絶好の位置にあります。有名なゴールデントライアングルとは、メコン川とルアック川の合流地点でタイ、ミャンマー、ラオスの3カ国が国境を接する地域です。チェンライはタイの最北に位置し、タイや周囲の国を探検するための恰好の足場となります。

1262年にメンライ王によって作られ、ランナータイ王朝の最初の首都が置かれた場所です。街全体から歴史を感じることができます。人気観光地チェンマイからもそう遠くない場所ですが、チェンライには独特の雰囲気があり、訪れる旅行者を魅了し、感動させます。訪れた人々は、スパイシーな乾物、色とりどりの工芸品、様々な地元の農作物、ゆったりした生活スタイルを体験することができるでしょう。

 

チェンライは美しい山村といった雰囲気で、徒歩で散策することができる大きさです。市内観光に23日とり、郊外の探検には十分時間をとることをお勧めします。周辺にはほぼ手つかずの素晴らしい山々が広がり、川、そしてゴールデントライアングルが待っています。

ワット・ロンクン

アーティスト、チャルームチャイ・コーシピパット氏が設計した象徴的な「白い寺」は、見た目よりも新しい建築物です。建立は1997年。白い漆喰の寺には銀の戒壇や素晴らしい仏の壁画があります。破風も注意深く見上げてみましょう。さまざまなドラゴンや神話の生き物が組みこまれていて、見つけながら歩くのも楽しいでしょう。

バーンダム・ミュージアム

タイのアーティスト、タワン・ダッチャニー氏が作ったバーンダム・ミュージアム(別名「黒い家」)は、見ごたえ十分のミュージアム体験を提供します。敷地内に約40もの小さな黒い家が点在しています。すべてレンガやテラコッタ、木、ガラスなどで手造りされたもので、中にはタワン氏の作品が展示されています。フォトジェニックな家々にあるのは絵画だけではありません。彫刻、動物の骨、銀、金をはじめ世界中の様々な遺物が集まっています。

ナイトバザール

タイに来てナイトバザールに行かない旅行者はいないでしょう。街の中心的なマーケットには約50件の屋台が揃い、おいしい食べ物があふれています。

サクラ山

メーファールアン大学によって、以前に森林が切り払われた山が今では10,000本以上の桜が咲く山に変わりました。山の名前はそこからきています。

ナムトック・クン・コン森林公園

チェンライから25キロほどの所にあるとても景色の良い国立公園。70メートルの高さの壮大なクン・コン滝が見ものです。

チョイフォン・ティー茶園

チェンライ郊外の村にあるチョイフォン・ティー社の茶園は、タイでも最高品質のお茶を飲むことができる場所のひとつです。40年以上も続く茶畑の高台からは山々の素晴らしい絶景が望めます。

アウトドア

完璧なまでに美しい石灰石の崖や山に囲まれたチェンライは登山、サイクリング、ハイキングなどに最高の場所です。

タイ北部にあるチェンライは、11月から2月にかけて涼しい気候です。その時期には本物の冬らしく、青空が広がり、夕方は涼しく、夜には気温が2度まで下がることがあります。5月から9月の気候は蒸し暑く、多少雨があります。台風が心配な方は、9月と10月に雨が最も多いので、可能ならその月を避けた方がいいでしょう。

チェンライでは利用が簡単なホステルやキャンプ場から、素朴さが魅力の宿泊所や豪華リゾートまで、あらゆるタイプの宿泊施設が見つけられます。特別なご旅行なら、素晴らしい景色に広々としたプール、最高級のサービスを提供するリゾートに泊まるのもいいでしょう。

空港から中心地までの移動には、トゥクトゥク(3輪モーターバイク)、ソンテウ(トラック型タクシー)、タクシーがあります。

チェンライの町は徒歩、またはトゥクトゥクやソンテウで巡ることができます。エアコンが必要なときや雨のときにはタクシーもあります。

郊外へは地元のバスやソンテウで、あるいはレンタカーで行くことができます。BudgetAvisなどチェンライにあるレンタカー会社は、手ごろな料金で良質のサービスを提供しています。必要ならタクシーを1日観光のために予約することもできます。

通貨

タイバーツ(THB

電気

220V 50Hz

言語

タイ語、英語

タイムゾーン

協定世界時(UTC+7

国番号

+66