Skip to main content

名古屋

数世紀前に日本の大動脈であった東海道に戦略的に置かれた名古屋は、東京・京都間の長く困難な旅の重要な休憩地でした。ただの通過点であった小さな村が発展するとともに、名所である熱田神宮と名古屋城の重要性も拡大しました。1600年代はじめにこの壮大な城が完成し、ほどなく立派な城塞の周囲が急速に発展しはじめました。それまで東京と京都の陰に隠れていた名古屋が表舞台に立つようになりました。名古屋が繁栄するにつれビジネス、工業、交通が名古屋を目指してくるようになり、さらなる成長と開発の原動力となりました。

 名古屋は日本で4番目に人口の多い都市である一方、古代の伝統や王朝の習慣が今も感じられる名高い城や静寂な神社と寺がその大いなる歴史を思い起こさせてくれます。名古屋の持つ工業の歴史に惑わされてはいけません。名古屋は製造業の大基盤がある都市と思われているかもしれませんが、ショッピング、芸術、文化シーンもにぎやかです。日本で最も高い評価を得ている博物館のいくつかは名古屋にあります。美術、歴史、古代の鎧、科学、自然、技術、車、電車など多彩な内容のギャラリーが数えきれないくらいあります。活気ある名古屋港の近くには大規模な水族館もあります。

 今日の名古屋は、日本有数の重要な経済の中心地です。日本の太平洋沿岸に位置し大きな天然の湾の恩恵を受ける名古屋は、世界有数の自動車製造の中心地となり、世界のほとんどの市場に車を供給しています。その中心的な立地から名古屋は航空および鉄道のハブでもあります。東海道新幹線が通る名古屋は、東京まで電車で2時間もかかりません。西へは京都まで最短で40分、大阪へはわずか1時間で行くことができます。

名古屋は大きな都市で、その面積は300平方キロメートル以上あります。16の区があり、ショッピング、文化、観光の主なエリアは名古屋駅のすぐ東側の栄にあります。

名古屋駅は世界最大の鉄道駅のひとつです。どちらも50階以上の高さの特徴ある2つのガラス張りのタワーがそびえているので遠くからでも容易に目に留まります。市の中心地にあり主要な乗換駅である名古屋駅は、多数の大きなホテルやショッピング街がある栄から数分の距離です。お土産店から名古屋最大のデパートまで、栄には数えきれないくらいの小売店やレストラン、そして名古屋でも流行の先端を行く人気のナイトクラブがひしめいています。

名古屋城

間違いなく名古屋で最も重要な歴史的名所である名古屋城は、1600年代はじめに築城されてから名古屋の象徴となっています。第二次世界大戦で大きなダメージを受けた後、城は1959年に完全に復元されました。2面を静かに水をたたえる堀に囲まれた城は、大きな石垣の上に堂々と建っています。城のあちらこちらにかわいい亀が置かれ、庭園のような敷地のどこからでも良い風景が楽しめます。春と夏には桜、バラ、アヤメなど色とりどりの植物が咲き誇ります。

トヨタ産業技術記念館

このすばらしい博物館は、車に興味がない人でも十分楽しめます。1920年代中ごろに創業したトヨタは、織機と繊維機械のメーカーから世界最大の自動車製造業者に成長しました。博物館では、モノづくりの歴史を紹介する楽しく分かりやすい旅へと来館者を案内し、興味深いインタラクティブな体験を提供します。ウィンドトンネルに入り気流と抵抗力について学んだり、ミニサイズの車に乗ってテクノサーキットを数周走ってみるのも楽しいでしょう。

大須商店街

栄に近い名古屋の旧市街に位置しています。大須商店街には質の高い中古品から奇抜な土産物や伝統工芸品までなんでもあります。一風変わった洋服や電子製品を探すには人気のスポットです。また、レストランやさまざまな食べ物のお店も豊富にあります。

リニア・鉄道館

電車と鉄道全般を包括的に展示するこの博物館は、世界のどこの展示施設とも異なっています。巨大な建物と展示スペースには、最新の高速新幹線からレトロな車や鉄道車両まで40両近い電車、機関車、客車が展示されています。2011年に開館した超近代的な博物館で、開館から9か月で来館者数が100万人に達したほど名古屋で最も人気の高いアトラクションのひとつです。リニア・鉄道館では、鉄道が世界経済とライフスタイルに及ぼした影響についてもすばらしい展示やビデオで紹介しています。

ビジネスとホリデーの行先として大勢の人が集まる名古屋には豊富な宿泊施設があります。国際的な高級ブランドのホテルから学生向けホステルやカプセルホテルまで、どのような予算や宿泊タイプでも、名古屋なら価格重視も高級志向も極めることができます。

低予算の宿泊施設や中程度のホテルは市のあちこちで見つけることができます。国際的な高級ブランドのホテルは主に市の中心部の栄付近にあります。ほとんどのホテルは主要駅に近い場所にあります。国際空港は市の南東約32キロに位置していて、便利な電車、タクシー、バスで市内まで行くことができます。

12月~2月(冬)

平均気温:3°C12°C

冬物の上着が必要です。雪がちらつくこともあります。

3月~5月(春)

平均気温:10°C24°C

薄手の上着を着て、桜見物をお楽しみください。

6月~8月(夏)

平均気温:19°C33°C

サングラスをお持ちください。水分補給に水をたくさんお飲みください。

9月~11月(秋)

平均気温:8°C23°C

大雨が降ることがあります。傘かレインコートをご持参ください。

中部国際空港から名鉄(電車)で名古屋駅まで行き、地下鉄に乗り換えることができます。所要時間は2835分ほどです。主要ホテルまたはその近隣に滞在される場合は、空港リムジンバスで市の中心地へ直接行くことができます。空港からはタクシーの利用も可能です。

 市内の移動は地下鉄と電車が最も利用されています。また、名古屋の人気観光スポットを巡る、なごや観光ルートバス「メーグル」に乗ることもできます。

通貨

日本円(JPY)

電源

100V 50Hz

言語

日本語、英語

時間帯zone

UTC+9

電話コード 

+81

宗教

神道、仏教