Skip to main content

旅行に関する重要なお知らせ

健康状態申告書の提出について

2020年8月5日―13:00(日本時間)更新

ご旅行の際、目的地によって到着時に健康状態申告書の提出が必要となる場合があります。対象となるお客様は、スムーズにご旅行いただけるよう、ご出発前に申告書のご記入をお済ませください。

提出が必要な目的地はこちらでご確認いただけます。

マスク着用の義務化

2020年7月30日―13:00(日本時間)更新

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、香港エクスプレスでは、お客様と乗務員の安全と健康を守るために様々な措置を講じています。機内における感染の可能性はとても低いとされていますが、皆様の健康を守るために、追加の一時的な措置へのご協力をお願いいたします。

 

次にご案内させていただくまでの間、ご搭乗の全てのお客様におかれましては、以下を含むご旅行中、フェイスカバー類(以下マスク)の着用を必須とさせていただきます。

  • 弊社カウンターでのチェックイン時
  • 搭乗中
  • 機内
  • 降機中

 

ご搭乗中、マスクの着用が難しいお客様(6歳未満のお子様を含む)は対象外です。また、特に混雑が予想される保安検査エリアや手荷物受取エリアのような場所においても、マスクをご着用いただくことを強く推奨いたします。

ご旅行中は、お客様ご自身で布マスクまたは使い捨てマスクをご持参下さい。持続可能な選択肢として、アメリカ疾病予防管理センターのサイト(英語)では、布マスクについて、また布マスクの作り方が紹介されています。

香港特別行政区政府は、公共交通機関をご利用の際や屋内外の公共の場所でのマスク着用を義務付けるなど、一連の流行防止対策を行っています。詳細については、政府のウェブサイトをご覧ください。

皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウィルスに関する重要なお知らせ

2020年3月18日 - 20:30(日本時間)第1稿掲載

各国・地域における新型コロナ対策の措置により、香港エクスプレスでは航空券の特別対応を行っております。詳細については、以下の2つのステップをご確認ください。

[ステップ 1] お選びいただける対応のオプション

2020年4月15日 - 13:00(日本時間)更新

影響を受けたお客様で、下記の表「航空券の特別対応」に記載された要件に該当する場合、4つのオプションからお選びいただけます。
* これらのオプションは、香港エクスプレス公式サイト/アプリから直接ご予約いただいたお客様のみに適用されます。旅行会社・サイト経由でご予約いただいたお客様は、ご予約先にお問合せ下さい。

 

オプション1:路線の変更なく、日付の変更

  • 変更1回のみ、手数料はかかりません。
  • 運賃差額はいただきません。(一部例外日があります)
  • 空席状況によりご希望の便がご予約できない場合もあります。
  • フライトの日付変更をご希望の場合は、以下のいずれかよりご要望を承ります。

オプション2:香港エクスプレスの他の路線への変更

  • 変更1回のみ、手数料はかかりません。
  • 運賃差額が発生する場合は、ご負担をお願いします。
  • 空席状況によりご希望の便がご予約できない場合もあります。
  • 他の路線への変更をご希望の場合は、以下のいずれかよりご要望を承ります。

オプション3:バウチャーへの全額払い戻し

  • 当初の運賃10%分の金額が上乗せされます。
  • バウチャーの有効期限は1年間です。
  • より詳しい利用条件・規則はこちらからご覧ください。
  • 申請は https://securesettlement.net/hkexpress/e-refund/ja よりオンラインでお手続きをお願いします。

オプション4:影響があったフライトもしくはご予約全体の全額払い戻し

[ステップ 2] 新型コロナウィルス:航空券の特別対応

2020年7月27日 - 20:00(日本時間)更新

 

*該当する方は、こちらから詳細をご確認下さい。

^バウチャーに関する利用規則・条件はこちらをご覧ください。

旅行制限に関して

2020年8月4日―14:00(日本時間)更新

新型コロナウイルス対策の為、多くの国と地域で外国人旅行者に対する入国制限を行っています。国・都市ごとによる、入国/入境制限は下記の表でご確認下さい。これらの制限は周知期間が無く変更となる場合があり、本ページは参考情報として掲載しています。お客様はご自身で、目的地の国、地域政府が発表する最新情報をご確認ください。

目的地によって到着時に健康状態申告書の提出が必要となる場合があります。詳細はこちらをご覧ください。

アルコール成分が入った消毒、殺菌製品の持ち込みについて

2020年2月19日更新

アルコール成分の入った消毒、殺菌作用のある製品(手指消毒ジェル、除菌シート、消毒用アルコールを含む)は以下の条件に沿って機内にお持ち込みいただけます。

  • それぞれ、最大100mlを超えないこと
  • 全ての液体、エアゾール、ジェル類は再封可能で透明なプラスチック製の袋に入れること
  • お1人様で合計1リットルを超えない量であること(含まれるアルコールの割合に制限はありません)

上記を超える量は、以下の条件に沿って預入れ荷物にお入れください。

  • お1人様の合計量が2kgもしくは2リットルを超えないこと
  • 1個あたりの量が0.5kgもしくは0.5リットルを超えないこと
  • 中身が出ないように、しっかり蓋をするか梱包されていること

家庭用の希釈されたものを含む、漂白製品は機内手荷物、預入れ荷物のいずれでもお持ちになれません。

香港エクスプレスでは、お客様に衛生管理と予防対策の実践を強くお勧めしています。ガイドラインは香港衛生署のホームページ(英語)でご確認いただけます。

また、全ての感染症予防のため、以下の対策をお勧めいたします。

  • アルコール成分の入った手指消毒液の携行
  • 個人での衛生管理の徹底
  • マスクを着用する場合は、機内で着用できる十分な数の携帯

羽田国際空港のターミナル名変更について

2020年2月19日更新 

2020年3月14日より、羽田空港・国際線のターミナル名が第3ターミナルに変更になります。弊社のチェックインカウンターの位置に変更はございません。

中部国際空港セントレアのターミナル変更について

2020年01月22日更新

2020年3月1日より、中部国際空港セントレアの弊社チェックインカウンターはターミナル1からターミナル2に変更となります。

寧波櫟社国際空港のターミナル変更について

2019年12月27日更新

2019年12月29日より、寧波櫟社国際空港の弊社チェックインカウンターは現在のターミナル1からターミナル2に変更となります。

15 インチ MacBook Pro自主回収に関するお知らせ

2019年8月29日更新

Appleは、2015年9月から2017年2月の間に販売された15 インチ MacBook Pro のバッテリーが過熱し、安全性に問題が生じる可能性があるとしてバッテリー自主回収プログラムを発表しました。対象の製品かどうかは、Appleのウェブサイトでシリアル番号を入力してご確認いただけます。

そのため、上記の自主回収プログラムの対象となるリチウム電池を使用する製品は、Appleの発表に従って修理、交換が完了するまでは、飛行機にはお持ち込みになれません。

宮古(下地島)へご出発予定のお客様へ大切なお知らせ

2019年8月28日更新

コンゴ共和国でのエボラ出血熱の流行をうけ、香港から宮古(下地島)へご旅行になるお客様で、過去21日間にコンゴ共和国を訪問された方、コンゴ共和国のパスポートをお持ちの方、エボラ出血熱の症状がある方は、できるだけお早めに弊社コールセンターへお電話でご連絡ください。電話番号:日本から03-4510-2319、香港から852-3902-0288

 

粉類の機内持ち込みについて-サイパン行きの便において350ml(12オンス)以上の粉類の持ち込みはできません

2018年7月9日更新

米国運輸保安局(TSA)からの通達により、2018年6月30日以降、粉類の香港エクスプレス機内持ち込みに関して制限が設けられます。350ml(12オンス)を超える粉類は、機内には持ち込まず、預入れ荷物としてお預けください。

制限量を超過する粉類が機内持ち込み手荷物に含まれている場合、該当する粉類は追加の保安検査が必要になるか、廃棄される可能性があります。本規約は、米国領のサイパン行きの便にのみ適用され、香港エクスプレスが就航する他の路線には影響しません。

化粧パウダー、香辛料、プロテインパウダーを含む粉類が機内持ち込み手荷物に含まれている場合、検査や制限の対象となります。赤ちゃん用の粉ミルク、遺骨、処方箋医薬品は対象外となります。

 

バウチャー(ギフト券)に関する大切なお知らせ

2018年4月6日更新

誠に恐れ入りますが、香港エクスプレスのウェブサイトでご購入いただいたバウチャーは、システムアップグレードによりご利用いただけなくなりました。バウチャーをお持ちのお客様は、払い戻しのお手続きを取らせていただきますので、お手数ですがカスタマーサービスまでご連絡ください。なお、払い戻しのご依頼はバウチャーの有効期限内に行ってください。払い戻しは、当初のお支払い方法を通して行われます。

第三者から受け取ったバウチャーをお持ちの場合も、弊社のカスタマーサービスまでご連絡ください。

ご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

 

米国への渡航における安全対策の強化

2017年10月22日更新

米国国土安全保障省(DHS)は、米国へのすべての国際線の安全要件を強化しました。サイパンへのフライトをご利用のお客様は、チェックインカウンターにてセキュリティ担当者による渡航に関する質疑応答を受ける必要があります。出発予定時刻の3時間前に空港に到着し、すみやかに搭乗ゲートにお進みいただき、安全対策への手続きを行うことをお勧め致します。

詳細はこちらをご覧ください。