Skip to main content

機内持ち込み手荷物

carry on baggage
手荷物 身の回り品
個数 1個 1個
重さ 7kg ( 15.4ポンド)以内 制限なし
サイズ 2つの合計の大きさは56x36x23cm (22" x 14" x 9") 以内

機内へ持ち込みできる手荷物はお1人様7 kgまでのもの1点と、身の回り品(ハンドバック・カメラ・電子機器)1点です。2つの合計の大きさは56x36x23cm (22" x 14" x 9") 以内となります。チェックイン後にご購入になった免税品も、上記の機内持ち込み手荷物の規定内である必要があります。規定を超えた手荷物は預入れ荷物としてお預かりし、追加料金をお支払いいただきます。

機内持ち込み手荷物は、すべてのお客様の手荷物が機内で安全に収納できるように搭乗口にて再度確認させていただきます。規定を超過し、お預けいただくことになったお荷物には、空港カウンターでお支払いいただくのと同額の預入れ荷物料金がかかります。出発の遅延を防ぐために、出発時刻の1時間前には搭乗口にお越し下さい。

機内の収納棚のスペースには限りがありますので、規定以内の手荷物でも搭乗口にて貨物室への搭載をお願いする場合があります。その場合は、費用はかかりません。機内の収納スペースは、ご搭乗いただいた順にご利用いただけますので、ご心配なお客様はお早めにご搭乗ください。

手荷物準備のヒント

 

キャリーバッグをお持ちのお客様

キャリーバッグをお持ちのお客様

18~20インチサイズのキャリーバッグを機内にお持ち込みの場合、その他にリュックをお持ちになると、2つ合わせてのサイズが上記の制限を超える可能性が高く、両方は機内へお持ち込みいただけない場合があります。

リュックをお持ちのお客様

リュックをお持ちのお客様

リュックと身の回り品用のバッグをお持ちの場合、サイズの大きい方をお客様の手荷物とみなし、重量を測らせていただきます。2つの合計サイズは上記の規定を超えないようにご注意ください。

Plan ahead for more savings!

 事前のご準備でおトクに!

手荷物のサイズと重さは、空港に向かう前に事前にご確認ください。預け入れ荷物の料金を予めオンラインでお支払いいただくと、当日空港でお支払いになるより安く、手軽に手続きすることが可能です。

液体、エアゾール、ジェルの機内持ち込み制限

多くの国には、液体、エアゾール、ジェルの機内持ち込みに厳しい制限があります。以下のような制限が含まれます:

  • 液体、ジェル、エアゾールは容量100 ml以下の容器に入っている必要があります。
  • 各容器は最大容量1L以下の再封可能な透明のビニール袋に入れ、保安検査場でご提示いただく必要があります。
  • 保安検査場では、ビニール袋は他の機内持ち込み手荷物とは別にし、検査のために係員にご提示ください。

粉類の機内持ち込み制限について(サイパン行きの便にのみ適用)

  • 350ml(12オンス)を超える粉末は、機内には持ち込まず、預入れ荷物に入れてください。化粧パウダー、香辛料、プロテインパウダーを含む粉類が機内持ち込み手荷物に含まれている場合は、検査や制限の対象となります。
  • 赤ちゃん用の粉ミルク、遺骨、処方箋医薬品は対象外となりますが、追加の保安検査が必要となるる場合があります。

リチウムイオン電池

小型リチウム電池(携帯電話、カメラ、時計、携帯型ステレオ、ノートパソコンなどに使用されるもの)は、下記の条件を満たした場合は運送が許可されます。

機内持ち込み手荷物

  • 容量が100ワット時(Wh)未満のもの
  • リチウム含有量(LC)が2g未満のもの
  • 数量制限20個まで

預入れ荷物

  • 機器内に内蔵されているもの
  • 数量制限10個まで
  • 各電池160ワット時(Wh)未満またはリチウム含有量2g未満であること
  • 予備のリチウム電池はお持ちいただけません

リチウム含有量が2gを超える使い捨てタイプの電池(Cサイズ/単2以上)のものは預入れ荷物としても機内持ち込み手荷物としてもお持ちいただけません。貨物でのみ運送いたします。

中型リチウム電池(ノートパソコンの充電器、業務用機器、救命機器などに使用される100~160ワット時(Wh)のもの)は、下記の条件を満たした場合は運送が許可されます。

機内持ち込み手荷物

  • 機器内に収納されているもの
  • 購入時の容器に適切に収納されているか、端末がテープなどで覆われているもの
  • 個別の容器に収納されているもの

預入れ荷物

  • 容量が160ワット時(Wh)以下または2g以下のもの
  • 数量制限10個まで
  • 機器内に収納されているもの
  • 予備のリチウム電池はお持ちいただけません

大型リチウム電池に関して。移動用機器、工業用機器などに使用される大型リチウム電池は、車いすまたは一定の移動用機器に使用される場合を除き手荷物としての運送が禁止されています。こちらのリンクから「手荷物としてお預けになる車いす」に関する項をご参照ください。